ブリティッシュショートヘアと茶トラ白猫を飼って良かったこと・困ったこと

ブリティッシュショートヘアと茶トラ白猫を飼って良かったこと・困ったこと

猫二匹を飼っています。

 

ブリティッシュショートヘアの”こはる”と茶トラ白の”ゆず”。

 

どちらも可愛い女の子です。

 

それぞれちょっと変わった性格をしています。

 

こはるは自分を人間だと思っているのか、餌を食べる時は家族と一緒に食卓で食べます。

 

後輩であるゆずを嫌っており、時々背後から近づいてはネコパンチしています。

 

真っ向から勝負は挑まない臆病な子です。

 

一方、ゆずは日本猫らしい猫。

 

他人には人見知りするけれど、人懐こく甘えん坊な子です。

 

ぴこぴこ動く短い尻尾が可愛らしいです。

 

この二匹には毎日癒されていますが、困るところもあります。

 

以前の夏、一箇所の部屋の窓を網戸にしたままにしていると、こはるがそれを開けベランダに出てしまった事がありました。

 

餌の時間になってもこはるが来ないので、変だなと思い部屋を覗くと、そこにはベランダを出歩くこはるの姿が…。

 

まさか網戸を開けるとは思いもしませんでした。

 

マンションなので高い所から落ちると危険です。

 

心臓に悪い出来事でした…。

 

それ以来、暑い時期は全ての網戸に鍵をかけるようになりました。

 

二匹が鍵を開ける事はありませんし、これで外出する時も安心です。

 

猫は慎重で臆病な動物です。

 

万が一逃げたとしても、すぐ遠くへ行きません。

 

大事なのは外を覚えさせないよう、戸締りをしっかりする事です。

 

猫が”外は楽しい”と覚え、余計出たがるようになりますから。

 

一度飼ったからには、安全な室内で飼育しましょう。