口唇ヘルペスの増殖を抑える

口唇ヘルペスとは、口の周りに水疱瘡のような水泡ができてしまい、これが破裂することで痛みの原因になるというものです。

かゆみだったり、痛みが生まれたり、それが発熱の原因になることもあります。

この症状の原因となるのは、ウイルスに感染することがすべての原因ですが、どのような経路からウイルスが感染してくるのでしょうか。

ウイルスそのものは有触れたもの

このウイルス自体は、そこまで珍しくなく、多くの人が感染している可能性があるありふれたウイルスといえます。
感染力そのものも非常に高く、症状を発症している人の患部に手で触れただけでも、感染をすることもあるほどです。
しかし、ウイルスに感染している状態であっても、身体の免疫力が低下している状態でなければ、発症をすることがありません。
ストレスなどの要因で体の免疫力が低下することで、はじめて体にこの症状が現れることになるのです。

考えられる感染経路

基本的に人から人への感染ということが経路として最も考えられるものです。
昔は家庭内で同じ食器を使って食事をしていたり、コップを使っていたりすることが多かったので、それが原因となって感染をすることが多かったようです。
家庭内で症状を発症している人と同じものを使うことで、そこを経路にして自分も感染するというケースになります。
また、恋人同士でキスをしたり性行為をすることでも感染の可能性は高くなります。
性器周りの症状を発症をしている人に対してのオーラルセックスでも、十分に感染します。

発症した後の治療について

ウイルスが活性化して症状が発症した場合は、すばやく治療をすることによって回復も早くなります。
主に、治療に用いられるのは抗ウイルス薬を使うことで、塗り薬タイプと飲み薬タイプが口唇周りの症状には使われることになります。
例えば、バルトレックスやゾビラックスなどの薬が口唇周りの症状に使われる薬としては代表的なものになります。
薬を服用することで早い人ならば翌日から治療の効果が表れますし、通常でも一週間から二週間ほどで治療をすることが可能になります。
症状が現れたら、すぐに病院で診察を受けて薬をのみはじめることで、素早く治療をすることができます。

少しでも口周りに違和感を感じたり、むずがゆさを感じたりしたら、症状を疑って病院で診察を受けるようにしましょう。