免疫力が低下すると現れる性器ヘルペス

そもそも、ヘルペスという少女はウイルスに感染することによって発症します。

ウイルスに感染した状態で、身体の免疫力が低下すると、ウイルスが活性化することになり、身体に症状が現れることになります。

このウイルス自体は感染力が非常に高いので、感染の経路には実に様々なものが考えられることになります。

性器周りの症状の場合の感染経路

症状が性器周りに出てくる場合、ウイルスを保有している人との性行為が感染経路であることがほとんどです。
しかし、ウイルスの感染力が非常に高いため、感染をしたというきっかけになかなか気づけないこともあります。
ウイルス自体も体の免疫力が正常に機能していれば発症することがないので、そのまま気づかないということもあるかもしれません。
感染してもすぐに症状が出ないことで、ウイルスに感染した経路を特定しにくい状態になってしまいます。
また、このウイルスは唾液にも含まれていますので、ウイルスを保有している人とのオーラルセックスによっても感染する可能性は十分にあります。

症状が発症した場合

ウイルスに感染している状態で体の免疫力が低下して、ウイルスが活性化した場合、性器周りに症状が現れはじめます。
個人によって時期に差はありますが、感染を二日か二週間ほどで、性器周りに赤い水泡のようなものが出てくるようになります。
これが破れたりするとかなり強い痛みを伴うことになるので、排尿などの日常生活も困難になる場合があります。
性器周りの症状の場合、性行為をすることが感染経路の大分部なので、性行為の低年齢化が進んでいる現在では、10代後半からの患者も増えてきているといいます。

症状を治療する場合

もし症状を発症してしまっても、薬を使うことでその症状を抑えることができるようになります。
しかし、ウイルス自体が腰の神経節に潜むことになるので、そのウイルスそのものをすべて死滅させることが難しくなってしまいます。
なので、あくまでウイルスの活動を抑制したり、増殖を防ぐということが治療の目的になります。
もしまた体の免疫力が低下すると、その症状を繰り返し再発するようになってしまうかもしれません。

感染経路を考えて対策

何よりも早めの治療が一番ですので、心当たりがあればすぐに病院で診察を受けましょう。