ヘルペスの症状は恐ろしい

ヘルペスとは、例えば性器ヘルペスなどの名前が思い浮かぶかもしれません。

なので性病だと思ってしまう人も多いかもしれませんが、すべてのヘルペスが性病というわけではありません。

例えば口唇周りにあらわれる症状もありますし、ウイルスのタイプによってもその種別が異なることを覚えておきましょう。

どのような病気なのか

例えば小さな子供がかかる水ぼうそうのように、身体の皮膚に赤い水泡のようなものができる症状があります。

これも、この症状の一つであり、ウイルスとしては同じものになります。
感染症の一つであり、ウイルスに感染することでその症状が発生することになります。

ウイルスの特徴について

このウイルスは感染力が非常に高く、少しのきっかけでも感染する可能性が十分にあるといえます。
例えば性器周りの症状が出るウイルスの場合、感染すると腰の部分の神経節に潜伏することになります。
そのウイルスを保有している人との性行為によって、感染することが多くなります。
また、このウイルスは唾液の中にも含まれているので、ウイルスを保有している人とのオーラルセックスによっても感染します。

ウイルスの感染経路

性行為以外にも感染の経路があり、例えば食器などを経由することでも感染することがあります。

昔の人などは同じ食器で食事をすることが多かったので、家族でウイルスを持っている人から拡散することが多かったようです。
しかしそれが逆に功を奏して、子供のうちに感染しておくと比較的軽度で済む上、抗体を持っておくことができます。

抗体を持たずに大人になり、そこではじめてこれに感染してしまうと、とても重い症状になってしまうことがあります。
重症化を避けるためにも、兆候があらわれたら素早く医師の診断を受けて治療を始めることが大切です。

症状の現れ方について

この症状が現れると、身体の皮膚に水泡のようなものができます。

これが破れたりすることで、強い痛みを感じる原因になるのです。
さらには、発熱をすることもありますので、この病気によって十分日常生活が困難になるだけの可能性があります。

女性の場合、排尿をすることもつらいほどの痛みを感じることもあるのだそうです。
人によって差はありますが、感染をしてから二日から二週間ほどでこの症状が現れることになります。

症状の治療方法は

このウイルスは神経節に潜みますので、ウイルスそのものを死滅させることが難しくなってしまいます。

なので、あくまで治療としては薬を投与することで、そのウイルスの活動を抑制するか、増殖を抑制するかという形になります。
また、たとえウイルスに感染していても体の免疫力が正常に機能していれば、症状が現れることもありません。

風邪をひいたりして体の免疫機能が低下している状態だと、ウイルスが活性化して症状が現れることになります。

またウイルスを死滅させることが難しいので、一度完治したと思ってもまた再発してしまう可能性もあるかもしれません。

再発のきっかけ

例えばこの症状が再発してしまう原因としては、病気をして体の免疫力が低下する場合や、ストレスなどの影響も考えられます。

セックスによる刺激でもまたウイルスが活性化することがあるので、性器周りの症状も再発する可能性があります。

感染の防止として避妊具を使用することも進められますが、それだけでは完全に予防をすることはできません。
ウイルスは非常に感染力が高いので、患部に触れるだけでも感染をする可能性が十分にあるのです。

なので、避妊具以外の部分がその患部に触れることで感染も考えられます。

1型ウイルスについて

1型のウイルスの場合、三叉神経節に潜伏し、上半身に対して影響を及ぼすことになります。

そのため、これが顔や口唇まわりの症状を引きおこすことに関係しています。
1型のウイルスは再発することは少ないのですが、その代わりに再発するとかなり激しい痛みが伴うようです。

1型に感染している人の場合、2型にも感染しているといわれています。
感染しているのが1型か2型かという点については、血液検査をすることでその見分けを行うことができます。

2型ウイルスについて

2型のウイルスは、腰の部分の神経節に潜伏をするので、下半身に対しての影響を及ぼすことになります。

これが、性器周りの症状の原因になるウイルスとなります。

2型の場合は、痛みが軽度なものしか現れない場合が多いため、感染していても自分が発症しているとなかなか気づかない人もいるのだそうです。

しかし、再発をする可能性は1型のウイルスよりも高くなっているので、頻繁に症状に悩まされることになります。

女性の場合は重症化することも多く、個人差もありますが、座ることもできないほどに重症化することもあるといいます。

抗生物質について

素早く治療を行いましょう

どのような経路で感染し、どのようなタイプのウイルスであっても、重症化する前に素早く治療を行うのが一番です。